カラコンにはフチありとフチなしの2種類がある

カラコンにもいろいろなタイプがあります。
ワンデータイプor1ヶ月タイプ
大きめサイズor小さめサイズ
派手orナチュラル
などです。

その中でフチに関してですが、よく「フチあり」とか「フチなし」とかいうのですがこれが結構人によって解釈が違っているんですよね。
同じカラコンなのにある人にとってはフチありだけど別の人にとってはフチなしだったり・・・

そして、カラコンのフチ部分にも様々なバリエーションがあります。
フチの外周部分はくっきりとしているけど内周部分はぼやけた着色になっていたり、外周も内周もぼやけていたり、外周も内周もくっきりしていたり、という具合です。

カラコンの「フチ」については↓のサイトで画像付きでいろいろと詳しく解説されています。
http://xn--68jub0m6a8d3fxf7c.biz/

サイトを見てもらえばわかると思いますが、シークレットキャンディーマジックNO.3ブラウンなんかは「これぞフチありカラコン!」って感じですね。
装着すれば遠目からでも「あっ、カラコン付けてるな」というのがわかるカラコンです。
それとは対照的にプティアワンデーエルムヘーゼルなんかはフチがあるんだけど全体的にぼやけていて、とても自然ですね。
かなり近くで見てもカラコンをしているのがバレにくいカラコンです。
それでも瞳は大きく見えるのでカラコンを付けている意味は当然あります。

何か「フチあり」「フチなし」という言い方よりも「くっきりフチ」「ぼんやりフチ」という表現の方がしっくりきますね。
どういうカラコンを選ぶのかというのはその日のメイクやファッションも関係してくるので、組み合わせが豊富にあって楽しい反面選び方が難しい部分もありますね。

 
<その他の関連サイト>
ワンデーキャラアイ プラチナヘーゼル
(くっきりとした黒フチのヘーゼルカラコンです。
1箱5枚入りというのがあって安く買えるので試し買いしやすいのですが、2回使ったら1枚余ってしまうので6枚入りにしてほしいところですね。)

シミ予防ではなく既にできてしまったシミにお悩みの方

シミ用の化粧品というものをネットで探すと「紫外線からお肌を守り、シミを防ぎます」みたいなシミ予防の化粧品が出てくることがあります。
しかし、それとは別に「既にできてしまったシミを薄くするために使う化粧品」というものもあります。
「化粧品で実際にシミが薄くなるのかどうか」ということが一番気になると思いますが、そこまで劇的な変化は期待しない方がいいと思います。
体調を崩した時に飲むビタミンのサプリメントなんかと同じくらいの感覚で使うぐらいがちょうどいいと思います。
薬ではなく化粧品ですから、そこまで大きな変化は期待できませんが、処方箋なしで簡単に手に入って気軽に使えるところが化粧品のいいところです。

「とても気になるシミがあるので、絶対にどうしても消したい」と考えている人は化粧品ではなく、レーザーによるシミ消し治療や病院の皮膚科での専門医による治療を受けることをおすすめします。
「それほど深刻ではないのでシミ用化粧品をちょっと試してみたい」という人は下記サイトで紹介されている化粧品を試してみてはどうでしょうか。
>>出来てしまったシミ 消す 化粧品

上記サイトで紹介されているシミ用化粧品のうち「ブライトニングフォーミュラ」だけがハイドロキノン不使用で、それ以外はハイドロキノン配合化粧品です。
ハイドロキノンは肌への刺激が強い成分なので使用する際には、使用上の注意を守り慎重に使用してください。
ここでも簡単に書いておくと、パッチテストを行ってから本格的に使う、紫外線が強い日中には使用せずになるべく夜に使う、使用期間中はいつも以上に紫外線に気をつけて日焼け止めや帽子・日傘などを活用する、同一箇所に長期間使い続けない、などの注意点があります。

サンプルページ shakeing the long leg

 いまだかつて彼の家をのぞいた者は、まず三人となかろう。一人は大家であり、他の一人は、彼がこれから腸のことについて電話をかけようと思っている先の人物――つまり熊本博士ぐらいのものであった。
 彼は青い顔の上に、ライオンのように房づいた長髪をのせ、世にもかぼそい身体を、てかてかに擦れた金ボタンつきの黒い制服に包んで駅前にある公衆電話の函に歩みよった。
 彼が電話をかけるところは、男囚二千七百名を収容している○○刑務所の附属病院であった。ここでは、看護婦はいけないとあってすべて同性の看護夫でやっている。男囚に婦人を見せてはよくないことは、すでに公知の事実である。
「はあ、こちらは○○刑務病院でございます」
「ああ、○○刑務病院かね。――ふん、熊本博士をよんでくれたまえ。僕か、僕は猪俣とでもいっておいてくれ」
 と、彼はなぜか偽名をつかい、横柄な口をきいて、交換嬢を銅線の延長の上においておびえさせた。

 うれしい皇軍の赫々たる大戦果により、なんだかちかごろこの地球というものが急に狭くなって、鼻が悶えるようでいけない。これは作者だけの感じではあるまい。そこで、もっと広々としたところを見出して、思う存分羽根を伸してみたくなって、作者はここに本篇「宇宙尖兵」を書くことに決めた。
 書き出してみると、宇宙はなるほど宏大であって、実はもっと先まで遠征するつもりでいたところ、ようやく月世界の手前までしか行けなかったのは笑止である。
 こういう小説を書くと、またどこからか、やれ荒唐無稽じゃ何じゃと流れ弾がとんでくることであろうが、本篇の巧拙価値はまず措き、とにかくわれわれ日本民族はもっと「科学の夢」「冒険の夢」を持たないことには、今日特に緊急とせられる民族的発展は、その必要程度にまで拡ることが出来ないと信ずるが故に、作者は流れ弾がとんできたら、それを掴んで投げかえす決意だ。

 それからは、やけに速足になって、監獄通りの舗道を、百ヤードほども、息せききって歩いていったが、そこで、なんと思ったか、急に足を停め、くるりと後をふりかえった。
 彼の、どんよりした眼は、今しも出てきた厳しい監獄の大鉄門のうえに、しばし釘づけになった。
 そのうちに、彼の表情に、困惑の色が浮んできた。小首をかしげると、呻くようなこえで、
「……わからない。何のことやら、全然わけがわからない」
 と、英語でいった。
 溜息とともに、彼は、監獄の門に尻をむけて、舗道のうえを、また歩きだした。もう別に、速駆けをする気も起らなくなったらしく、その足どりは、むしろ重かった。
「……わからない」