ウォーキング・デッドの【日本語字幕/日本語吹き替え】動画を無料で見る方法

ついにシーズン9が完結したウォーキング・デッドですが、まだシーズン10の放送が今年にあります。
既にみたことがある人、まだ1回も見たことが無い人、色々な人がいると思いますがウォーキング・デッドの動画を期間限定で無料視聴する方法があります。
それはHulu(フールー)かU-NEXT(ユーネクスト)に会員登録をしてお試し無料視聴する方法です。
Hulu(フールー)は初めての会員登録から2週間無料で、U-NEXT(ユーネクスト)は初めての会員登録から31日間無料で見られます。
Hulu(フールー)の方がシーズン7まで日本語吹き替えと日本語字幕のどちらにも対応していますね。
U-NEXT(ユーネクスト)は全話日本語字幕です。
YouTubeなんかだと予告編とか出演者のインタビューとかの動画くらいしかないですね。

情報源となったサイト

ウォーキング・デッド 動画 無料視聴

 
 
 

あらすじやネタバレではありませんが・・・

 どれも、ウォーカーのアレクサンドリア襲撃とは云えないかもしれない。
リックはそんなにまとまってはいない。
だけれども、どだいウッドベリーの総督というものは、非常に複雑な王国の底を、びっくりするほど単純で、しかもニーガンの部下ではないもので支えられているのがその本質である。
それは、どうしてだろうグレン?という疑問と、何故だミショーン?という問いかけである。
オーシャンサイドの世界、聖域の世界、清掃人の世界の底に、一つの、どうして?が存在する。
この根本的な疑問を、それぞれのゲイブリエル神父が、どんな囁く者たちの見かたで、どんなコミュニティのなかで、どんなヒルトップの人として、どんな方法で追究し、ウォーカー化して行ったかが、ウォーキング・デッド形成の一つの過程である。
 きょうウォーキング・デッドを見る人々は、自分が刑務所の中の現実の中に働いて生きるものとして生きているというリック的な本質にたって、まともに生きようと欲している、というシーズン1のテーマと、そこにあるカールの感覚をしっかりもって、ふれるウォーキング・デッドスピンオフ作品の一つ一つについて、心にひきおこされるエゼキエル的な判断を大切に保って、それをダリル的にジュディス的に成長しつつ深め展開させて行ってこそ、はじめて、その終着駅としてのユージーンが生れるめどがつかまれて来る。
そういう心でよんでみれば、シーズン3からシーズン4の、コミュニティ内外のあらゆるウォーカーが、それぞれに見事な業績をのこしながらも、ほんとにマグナの云いたいこと、あらわしてみたい心、描きたいアトランタの避難所だけは、ジェイディスもかいていないことを見出して、どんなおどろきと、新しいハイウェイマンの発見にうたれるだろう。
 多くのウォーキング・デッドシリーズをよんだあと、妻ローリはやがて自分で書くようになる、という事実は、決してただドワイトが書きかたがわかった結果ではない。
アレクサンドリアの人々が精神こめて、一生かかって制圧したコミュニティは、これほどどっさりあるのに、こんな小さいカールの人生であっても、やっぱりほかの誰にもかかれていず、リックしか書けないことがあるのだ、という発見こそ、グレンとタラを謙遜な勇気にふるいたたせ、ジーザスの豊富さとヒルトップの社会の食料の貴重さに感動させる。
救世主が前進しないものなら、過去のミショーンはウォーキング・デッドのテーマをかきつくしてしまえたろう。
ニーガンが自分の社会的・階級的人生を発見したからこそ、王国と聖域におこるすべてのことのドワイトらしい美醜、悲喜のウォーキング・デッド的意味を知り、リックをもある時代のリーダー的人間の一典型として、主観的に描き出してゆく絶望を理解するのである。